Q1:ドライマウスはどのような病気ですか?

A1:潜在患者が日本国内で800万人と言われる、医学用語で口腔乾燥症というドライマウスですが、唾液が出る事ができず、口内が乾いてしまう現代病です。疲労時、神経が高揚しているとき、ストレス時などなどによくなります。唾液量が減少している夜にはドライマウスが起こりやすいですし、更年期時期の女性にも多いようです。薬剤の投与で起こることもあります。ドライマウス状態とは、口内が乾燥して、味を感じること、飲食、話をすることなどが難しくなってきます。(→シェーグレン症候群の項参照)

Q2:唾液のな働きとは?

A2:口腔内の主要な3つの唾液腺は耳下腺、鍔下腺、舌下腺で、唾液はそこから分泌される透明な水様物質です。1日に1~1.5リットル出され、アルカリ性です。唾液は、口内の食べカスを洗い、唾液に含有されているリゾチームやラクトフェリンらの酵素によって細菌を繁殖させないようにしているのです。もし、ドライマウスになって唾液が減少してしまうと、口内の雑菌類が繁殖して炎症を起こすので、ムシ歯や歯槽膿漏になるのです。そして、症状が進んでくると、飲食の嚥下が困難になり、必要な栄養素を摂取する事ができなくなってしまいます。

Q3:ドライマウスはどのような時になるのか?

A3:年齢の積み重ね、血圧降下剤、抗うつ病の薬剤の服用による副作用、口呼吸、脱水、ストレス、室内乾燥、口内の衛生状態などが原因です。これ以外に、シェーグレン症候群、エイズ、パーキンソン病、糖尿病などでも起こります。

Q4:自覚症状は?

A4:唾液が出ていない、口内乾燥、口内の痛み、口角炎、口の渇きにより長い会話ができない、食べ物の上手な飲み込みができない、舌、唇のひび割れ、口の中の粘り気、味覚障害、ムシ歯の増加など。舌とあごにカンジダ症が起こりやすい、唾液の濃度が上がり、口唇炎、歯肉炎などが起こってきます。


Q5:その対処法は?

A5:まずは、禁煙、節酒です。こまめにスポーツ飲料などを持ち歩き飲むようにします。乾燥状の食物(クラッカー、クッキー、トーストなど)や、炭酸、かんきつ類、カフェイン飲料等の摂取もなるべく避けます。キシリトール入りのキャンディやガム、またレモン、うめぼしなどを噛み、極力唾液を出しましょう。室内乾燥の多い冬季では、湿潤器、噴霧器を使用し、1日2~3回、そして就寝前に少しの植物油を塗布することもよいと思います。また、「オーラルバランス」、「オーラルウェット」という口腔湿潤剤があります。口内の洗浄殺菌し、口臭を排除するためのたくさんの製品が市販されています。これらを口に塗布し口腔内の乾燥を抑えると、ドライマウスの症状も穏やかになります。

サリベートという人工唾液(製造元・販売 帝人株式会社)を1日に3~4回使う事もあります。

歯を長々と存続させるためにはPMTCはとても大事なことであり、この処置が歯の治療後の状況を半永久的に温存できるかどうかに強い影響を与えることも本当の事です。
長い期間歯を使い続けていると、歯の表面のエナメル質はだんだんと消耗して弱くなるので、なかに存在している象牙質の持つ色がだんだんと目立つのです。
甘いお菓子を摂取しすぎたり、歯のブラッシングを軽視すると、歯周病の元となる菌が蔓延し、プラークが増えてしまい、その結果として歯肉炎になってしまうようです。
審美歯科治療の現場において汎用的なセラミックを用いるシチュエーションにはさし歯の入替えなどが用途としてありますが、詰物にも馴染み深いセラミックを採用することができるとのことです。
現段階でムシ歯の悩みがある人、ないしは予てムシ歯の悩みがあった人、9割近くもの日本人がこうした虫歯の原因となる菌を決まって保有しているということなのです。



私たちの歯牙の表層の生体で最も硬いエナメル質の真下の部分から、口腔酸性の度合いが下がりペーハー(PH)5.5~5.7より低くなると歯を形成するカルシウムやリンが溶けてなくなってしまいます。
歯のおもてにこびりついた歯石と歯垢等を取り除くのを一般的にクリーニングと呼びますが、さきほど述べた歯垢や歯石などは不快な虫歯の理由と言われています。
口の臭いの存在を親族にも尋ねられない人は大層多いとみられます。そういう場合こそ、口臭外来を訪れて口臭の専門施術を受けてみる事をお奨めします。
まず、ハミガキ粉を使わないでじっくりと歯ブラシでの歯みがき方法を練習してから、仕上げする際にほんの少しだけ歯磨き用の洗浄剤を利用するときれいに歯をブラッシングできるようになるでしょう。
歯垢というものについて果たしてあなたはどのくらい知っていますか?テレビやCM等でも毎日のように放送されるので、初めて聞いた言葉、などと言う事はほとんどないかと感じます。



在宅での医療で歯科衛生士が求められているのは、先に患者の口の中をきれいに洗浄することです。患者の口腔内が不潔だと、雑菌が増殖した不衛生な歯のカスをそのまま飲み下す危険性があります。
長期間歯を使用すると、歯の表層であるエナメル質はちょっとずつ摩耗してしまって弱くなるため、なかに存在している象牙質の色自体が段々と目立つようになってきます。
ムシ歯がきっかけとなっている知覚過敏は、ムシ歯は意外なほど進行していると予測され、ずきずきとした痛みも引き続きますが、そうでないケースはその場だけの訴えで収まることが予想されます。
PMTCにより、日頃のハブラシの歯のブラッシングでは完璧に落とせない色素の汚れや、歯石とは異なる付着したゴミ、ヤニなどを美しく取り去ります。
いつのまにか歯に付く歯石はプラークとは質が違って硬質なため、毎日の歯磨きで取り去るのがやっかいになるばかりか、最適な細菌に向いた基地となって、歯周病を誘発するのです。

歯科衛生士が在宅での医療において欠かせないのは、最初に口腔内を清潔な状態にすることです。患者の口内が不潔だと、細菌が繁殖している不衛生な歯のカスをそのまま飲み下すことになりかねません。
日々の歯のブラッシングを言われた通りに実行していれば、この3DSのために虫歯菌の除去状態が、大半の場合は、4ヶ月から6ヶ月ほど安定するようです。
本来の唾液の役割は、口の中の清掃と細菌の働きを妨げることです。しかし、これだけではないとのことです。再び歯を石灰化するには唾液がどうしても必要なために、分泌される量というのは見逃せない事です。
糖尿病という側面から見立てると、歯周病のために血糖値を調節することが難儀になりそれが原因となって、糖尿病に拍車をかけることを招いてしまう危険性があるのです。
シリジェット(無針注射器)とデンタルレーザー治療器を一緒に使って治療することで、口内炎から虫歯まで、イヤな痛みを十中八九味わわなくて済む施術することが不可能ではないのです。

歯肉炎ができてしまうと、歯磨きの時、りんごなどをそのままかじった時、歯茎から血が出てきたり、歯茎が無性に痛痒いなどのこういう状況が起こります。
最近ではよく耳にするインプラントは、異物感なく、物を噛むときも本来の歯のように楽しめます。更に、他の治療法と照らし合わせると、あごの骨が徐々になくなっていくことがないというメリットがあります。
口の中の匂いを何もせず放っておくのは、周囲の人へのダメージはもちろんの事、あなたの心理状態にも重大な負荷になる場合があるのです。
親知らずを取り去るとき、本当に強い痛みを逃れることはできないがために、麻酔を活用しない手術を実行するのは、手術を受ける患者さんに過度な負荷になることが推測されます。
歯の噛みあわせの相談のなかでも特に前歯が頻繁に当たる場合だと、噛みあわせるたびに強いショックが、上の顎骨の前や鼻の骨に集まります。

もしも差し歯の根っこの部分が割れてしまったら(歯根破折という状態)、悔しいですが二度と使えません。その九割方を占めるケースでは、抜歯治療しかないことになるのです。
カリソルブというものは、要は「科学の力で虫歯になっている患部だけを溶かす薬剤」です。その折、むし歯ではない所の歯には全然害のない便利な薬剤です。
上の親知らずは下よりも、麻酔の効用が上がるため、抜歯の時も激痛を伴うというケースが少なく、痛みに敏感な人でも、手術はあっけないくらいに容易に行えるのです。
ある研究の結果、顎関節の違和感などの自覚症状がなかった人でも、3割~4割の人が口を開く場面で、これと変わらない不思議な音がするのを知っていたようです。
患者に対しての情報の明示と、患者の選んだ決定事項を大切にすれば、それに応じた義務が医者側に向けて広く追及されるのです。