PMTCがスウェーデンの虫歯・歯周病を減らした

昭和30年代ころ、日本とスウェーデンのムシ歯や歯周病の患者は同じくらい多い国でした。しかし、スウェーデンの患者はいまや努力により、ムシ歯患者は半分で歯周病だと1/4までに減少しています。

その方法はどのようなものなのでしょうか。その要因のひとつにPMTCの普及があります。

専門職のものがその機械を使用し、完璧な技術で歯表面に付着している汚れを完璧に取り除くというのがPMTCです。汚れをとるのはプロの技術ですから、ムシ歯や歯周病になりにくいわけです。(参照「→ PMTCの効果がわかる!PMTCで虫歯・歯周病にならない!」)

現在のスウェーデンの人は、子供でだいたい100%、大人でも80%の割合で定期的にPMTCを受けています。
そのため、ムシ歯や歯周病が減ったのです。

入れ歯は、ムシ歯や歯周病を防ぐ事で不要になります。

さて、日本人はムシ歯や歯周病になると、悪化してしまい抜歯する人が多いです。
80歳以上での実際自分をはを保持している数は、もともとあるのが28本ですが、わずか9本です。つまり、80歳以上の人で自分の歯を9本しか維持できていない、と言えるでしょう。(平成17年歯科疾患実態調査)

「確かに、高齢者の皆さんは、入れ歯の方が多いですね」と言う方も多いですね。老化のうせいだから仕方ない、と思われますか?それは違います。医学的にいうと、歯が老化で無くなる事はないのですから。

どうして歯がなくなるのか、というと、決して老化が理由ではなく、ムシ歯、歯周病を悪化させてしまい抜歯し、入れ歯になってしまいます。では、入れ歯は悪い事なのでしょうか?
という疑問も沸き起こりますよね。といいましても、入れ歯にねる利点はひとつも無く、よくない点はたくさんあるのです。
そのいくつかですが、
・ 顔の印象が老ける
・ 病気になりやすい
・ 口臭の発生
・ 食事の不自由さ
・ 医療費の負担
・ 認知症になりやすい

このようにデメリットがあるのです。
これをお聞きになっても、まだ、入れ歯って、・・・と思われますか?

何度も申し上げますが、入れ歯の原因は、ムシ歯、歯周病の悪化の挙句、歯を失ってしまったため。ですから、ムシ歯、歯周病にはならないようにする。万が一かかったとしたら、より以上の悪化に至らぬよう努力しなければいけません。

方やスウェーデンでは、日本人のように入れ歯を使っている人が多くありません。
ムシ歯や歯周病を減らす努力をした結果、入れ歯の人も少なくなったのです。

以上のように、定期的にPMTCを受ければ、スウェーデンのようにムシ歯や歯周病にならずに済み、最終的に入れ歯に頼る事も無くなる、という事が言えるのです。

分泌物である唾液は口の中の掃除係りとも言われるくらいに大事なものですが、それ自体が減るのですから、口の中のニオイが悪化してしまうのは然るべきこととされています。
今の今まで歯周病の施術は、病気の悪化を鈍くしたりストップすることに観点が集中し、丈夫だった時の口腔内の状況にリセットするのは無理でした。
規則的な日頃の生活になるよう注意し、唾液によった補修作業にさらに拍車をかけるという点を読み取り、虫歯の予防ということを考慮することが思わしいのです。
奥深い歯周ポケットにはプラークと呼ばれる歯垢が非常に入り込みやすく、このようにして蓄積してしまった場面では、毎日の歯のブラッシングだけおこなったのでは完全に取るのは不可能です。
PMTCの利用で、毎日のハブラシでの歯の掃除では完璧に落とすことのできない変色や、歯石以外の付着したカス、ヤニなどを余すところなく排除します。

厄介な歯肉炎を発症すると、歯を磨くの時、林檎等を噛んだ時、歯茎から血が出たり、歯茎が無性にムズムズするなどのこういう状況が起こります。
診療機材などハード面について、いまの高齢化社会から請われている自宅訪問する歯科診療の役割を担うことが出来るレベルには到達しているという事が言えるとの事です。
現在のところ虫歯を持っている人、ないしかつてムシ歯の悩みがあった人、実に日本人のおおよそ90%がこうした虫歯菌を必ずや持ち合わせているとのことです。
大人になっても永久歯がむし歯にかかりますが、乳歯はその性質上永久歯に比べると酸への耐性が劣るので、毎日のお手入れをなまけると、乳歯に生じたむし歯はあっさりと深刻になってしまいます。
キシリトールの成分にはムシ歯を防止する力があると言われた研究結果の発表があり、それからというもの日本や世界中の国々で非常に活発に研究がおこなわれました。

入れ歯の取り出しが行えるというのは、高齢になるに従って変容する歯や顎の具合に見合った方法で調節ができるということです。
歯垢のことを果たしてあなたはどれくらい把握していますか?テレビやCMなどで何回も流れる言葉なので、今まで耳にしたことがない、そういうことは滅多にないのではないかと感じられます。シーラント術(虫歯防止策)は専門的な処置ではありますが、保険の効く診療として取り扱われるため治療費それ自体は思ったほど高額ではありません。
ドライマウスの患者の多くが訴える変調は、口が乾燥する、ノドが渇く等が約90%を占めます。大変な場面では痛み等の辛い症状が現れることもあるのです。
ドライマウス、歯周病や、入れ歯の使用が原因で発生する口腔内の臭いなど、年齢と口の臭気の共通点には想像以上にいくつもの誘因事項があるかもしれません。

PMTCを使うことで、毎日のハブラシによる歯のブラッシングで完全に落とせない色素沈着の汚れや、歯石とは違う付着したゴミ、ヤニなどを驚くほど消し去ります。
仮歯が入ってみると、見た目が気にしなくてよくて、食事や会話等にもまごつきません。そして仮歯がある事によって、他の治療中の歯が壊れてしまったり、歯列が曲がってしまったりすることが全然ないのです。
いまや医療技術が一気に進展し、なんと針のない無針注射器シリジェットや痛みの少ない様々なレーザー治療器を使用する事で、痛みをだいぶ抑えることのできる「無痛治療」という治療方法が用意されているのです。
長きにわたって歯を酷使していると、外側のエナメル質は徐々に傷んで脆くなってしまうので、なかに存在する象牙質の色そのものが気付かない内に目立ち始めます。
甘い食べ物をたくさん食べすぎてしまったり、日々の歯みがきを続けないと、歯周病の原因となる菌が繁殖し、プラークが増えてしまい、最後には歯肉炎が発生してしまうという事が確認されています。

口の匂いを気にして、ガムやマウスウォッシュなどをよく用いているのならば、歯垢を除去するケアを真っ先に始めてください。あの嫌な口内のニオイがマシになってくると思います。
節制した暮らしを念頭に、唾液に因った修復作業をもっと助長するということに着目した上で、虫歯への構えという点について考察する事が良いのです。
インフォームド・コンセントの実践は、今の病状を正しく掴み、それに応じた治療の実践に、ポジティブに挑戦するようにしましょうという信念に基づいています。
審美歯科では、見た目の綺麗さばかりではなしに、歯並びや噛み合わせについての修整によって、その結果、もともと歯が持っている機能美を蘇らせることを探っていく治療の方法なのです。
プラークコントロールというキーワードからは、歯ブラシでの歯みがきを思う状況が大多数だと想像しますが、実際は他にも多彩なプラークコントロールの出番が存在すると言われています。

ムシ歯のきっかけは、ミュータンス菌と名付けられた原因となる菌による汚染なのです。一度口の中に虫歯菌が発生したら、それを100%除菌する事は極めて至難の業なのです。
乳歯は永久歯と異なって、象牙質やエナメル質などの厚さが大体半分くらいしかないのです。更に言えるのは歯を再び石灰化する力も未熟なので、むし歯の菌に軽々と溶かされてしまうとのことです。
恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については後進国といわれており、欧米人に比べると、実際は日本人の歯の寿命は短縮傾向にあります。ハナから歯に限らず病気予防全般に対する感覚が異なるからだと考えられています。
自分でさえ気付かない内に、歯にはヒビが走っているという事態もありうるので、ホワイトニングしてもらう前は、丁寧に診てもらうことが必要になります。
口の中の具合と同様に、口以外の部分の健康状態も一緒に、歯医者と十分話してから、インプラントの処置を開始するようにしましょう。